貧乏な生活に疲れ果ててしまいました。





貧乏な生活に疲れ果ててしまいました。

結婚15年目、小学生の子どもが2人います。

旦那はとび職で社会保障がない会社で働いているので、私はパート先の社会保険に入っていいます。

今までずっと旦那に養ってもらった記憶もないし、旦那の稼ぎが少ないので毎日毎日節約をせざるを得ません。

貯金も全くなく、毎日ぎりぎりの生活です。

それなのに旦那には貯金がないことを責められます。

お前がしっかりやりくりしないから貯金ができないんだと。

もう何年も服も買ってないし、下着だってだるんだるんになったものを着けてるぐらい。

それなのに旦那は酒もたばこも辞めてくれません。

私にばかり節約を強要してくるのです。

姑も近くに住んでいて、小言ばかり言ってきます。

旦那の兄夫婦は貯金もたくさんあって旅行もよく行ってるみたいだけど、あんたらは行かないの?とか。

旅行なんて行けるお金があるはずありません。

給食費も援助を受けているぐらいなのを知ってるのに行けるわけありません。

貧乏な生活って心まですさんできますね。潤いがないです。

楽しみも全くない日々に疲れてしまいました。

回答1

旦那さんに内緒で、何か自分にでもできることに動いてみては?

シュフティとか小額ではありますが、お金が貯められるサイトに登録してみたり、簡単な副業をしてみたり。

お金が目的ではダメなんですよ。でもお金がないということで、少ない時間でもフルで働き続けろという訳でもないんです。

生活を豊かにするためには、そうなる為の考え方が必要です。

お金がない、貯まらない、という人のイメージは何しろ一生懸命働いて、手っ取り早く、時間をたくさん使って単価の低い仕事をがむしゃらに頑張るみたいな、自分が犠牲になってるイメージです。悪いことではないんですけどね。

だからいつまで経っても同じことの繰り返しで、ステージが上がらないんです。

頭を切り替えて、逆に他人に仕事をしてもらって自分は管理をして利益を得るみたいな、仕組みを考えるイメージを持つべきです。

仕事を選んだり、自分のやることを分けるという風な。

どうか疲れないでください。

旦那さんを変えるのは大変だろうけど、あなたが考え方を変えるのは簡単です。こんなお金の稼ぎ方があるんだということを知る必要があります。

旦那さんがとび職でも、いつまで経っても下働きは大変です。

社長になったら周りの人間が働いてくれるわけですから。

意識の持ち方次第ですよ。

ないものを嘆いてないで、あるものに目を向けましょう。

おるものをいかに大きくするか。

家に不要なものはないですか?不要なものはどうしたらなるべく高く売ることができるか?

少ない金額でもそれを元にどうにか増やせないか?など。

また、家を常に綺麗にしていますか?

気の流れや空気を入れ替えると運気も上がります。

いろいろ書きましたが、少しだけ努力してみてください。

ちょっとかもしれませんが、あなたの気分も良くなってくるのではないでしょうか?

どうか疲れないで。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加